きもの物語
  • 美しい立居振舞
  • きもの姿の魅力を最大限に引き出すのは、
    美しい立居振舞。

  • 肩の力を抜き、あごを引いて胸をはり、上体をまっすぐ伸ばします。
    手は指先をそろえ、脇よりもやや前よりにつけます。
    荷物を持つ時は左手にまとめるようにして持ちます。

  • 上体をまっすぐ伸ばして、足先を外に向けないようにします。
    きもののすそが乱れないよう、気をつけて歩きます。

  • 階段の上り下りは、上前の褄を軽く持ち、
    階段にそって斜めに立ち、そのまま上り下りします。
    振袖の時は、左右の袖を前で重ね、右手で持ちます。

  • まず、持ち物を先にシートにおきます。
    ひざの上に袖を重ね、その上に両手をおいて腰をおろします。
    両足をそろえながら、半回転させて中へ入ります。
    降りる時は、その逆順でどうぞ。

  • つり革を持つ時は、片方の手で袖口を軽く持って腕が出ないようにします。
    座席に座る時は浅く腰掛け、足先をそろえて手前にひいておきます。
    振袖の場合は両袖をひざの上に重ねてのせておきます。


PAGE
TOP