• きもの物語
  • 染めの会|京友禅
  •  
  • 京友禅は、日本の模様染めの代名詞として、世界的にもよく知られています。
    衣類に染めを行うことが始まって以来、墨や青花で構図を描く、糊置きを行なう、筆で色を挿す、
    刺繍、箔などの技術の完成は、
    それぞれ時代が異なっているとされていますが、これらの技術を集約し、
    まとめたのが江戸時代の扇絵師として京の町で人気を博していた宮崎友禅斎であると伝えられています。
    それまでの絞り染め、刺繍といった模様染めの持つ重厚さではなく、
    あざやかで今までになかった新しい感覚は、元禄の町民文化とあいまって庶民の間でもてはやされました。
    そして、これが現在の「手描友禅」の源流をなしています。


    また一方、伊勢では、早い時代から和紙を柿渋で貼り合わせた型紙の材料が作られ、
    この型紙に模様を彫ったものを使った小紋染などの模様染めが行われていました。
    これは、江戸時代の武士の裃(かみしも)・袴(はかま)などの染めに用いられていました。
    明治時代になり、この技法を集約し、新しい化学染料を使って色糊を作り、
    型紙によって友禅模様を写し染める「写し友禅」が、
    友禅染めの中興の祖と称えられる“廣瀬治助翁”によって発明されました。
    これが「型友禅」の原型といわれています。
    これにより、飛躍的に量産が可能になったため、友禅染めによるきものは、いっきに普及しました。

    京友禅・京小紋は、1976年に通商産業大臣(現、経済産業大臣)から「伝統的工芸品」として指定されています。


PAGE
TOP